カテゴリ:大学院( 5 )
東大大学院は入学しやすいか?


東大大学院は合格しやすいか?
書籍やブログには東大大学院は入りやすいと書いてあるものを見かける。
果たしてそうなのか?

アバウトにいえば1年間に入学する学部生は約3,000人で大学院生は約4,000人。この数字からみれば簡単そうに見える。90年以降の大学院拡大化政策によって東大もその影響か?大学院生の数が増えた。

もちろん学部の熾烈な学習と競争を考えれば大学院入試のそれはそれ程でもないかもしれない。

しかし、大学院は専門分野でコース別に入学審査が行われる。基本的には語学試験、専門試験そして口頭試問である。語学はコースによってはTOEFL,TOEICで提出するものだけではなく英文解釈しなければならないコースもある。英語は厳しく足切りされる。そして専門科目、さらには口頭試問。

さらには入学定員は少ないコースは多い。一ケタ。
となれば学部から上がってくる教授を良く知る学生、留学生、さらにはその分野での勤務環境にある人、他の大学でその分野を修めた人。そして口頭試問などを考慮すればほぼそのような受験生で定員は埋まってしまう。さらに3-4倍の競争となればぽっと出の人はまず受からないだろう。したがって書籍やブログに書かれているほど甘くはない。しかしその関連の人であれば合格はしやすいかもしれないがそれは分からない。

ということではたして甘いのか?甘くないのか?

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

良ければクリックください
[PR]
by bravo54410 | 2010-03-19 14:55 | 大学院
法科大学院の行方
鳴り物入りで発足した法科大学院。当初は新司法試験制度で3000人合格を旗印に強気の法科大学院は合格70%といってはばからなかった大学院も有った。それに刺激され会社をやめ貯金で生活しながら法科大学院に入学した方も少なくなかったようである。さらにこの制度は3回試験に失敗すれば受験資格がなくなり新たに法科大学院に入学するか別の方法をとらねばならない。新たな負担である。そのような方も出てきた。この責任はどこにあるのか?制度そのものなのか?法科大学院各校の質の問題なのか?今、乱立する法科大大学院の質が問題になっている。

専門職大学院である法科大学院は5年に1回文科大臣に認可された認証評価機関による評価を受けなければならない。しかしその評価も複数の機関による評価も一定ではない。
下記が評価機関の一覧である。


c0217604_11143344.gif


そこで文科省は新年度から認証評価の評価基準に司法試験の合格実績を盛り込むことになった。これによってますます乱立する法科大学院が厳しい環境に置かれることになる。

当然「不適合」という評価を得ることになる大学院も出てくるであろう。
問題は「不適合」になった場合にどうなるのかということである。基本的にはペナルティーはないから廃校を強要することはできないであろうから何らかの再構築を試みるか大学院自ら廃校することになるかもしれない。

これは法科大学院だけの問題ではなくビジネス系やその他の分野の専門大学院でも複数の評価機関により「不適」とされてもそのまま存続していることが起こっている。複数の機関による評価は大学側が選べるという問題もある。どうも日本というのは原理原則がなくぐじゃぐじゃはっきりしない国である。その犠牲になるのはいつも受験者。それは別の記事にも書いてるようにMBAでもないのにMBAですといってる学校など、まさに教育信用不安国家である。台湾、シンガポール、中国、香港などはどんどんグローバル基準に乗り世界の共通言語の世界に躍進している。日本は極東(東のはずれ)になり誰も感心を持たない国になるのかな?かつては黄金のジパング、今は金もない国ジパング。人や会社は金のある方向に動くのである。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
[PR]
by bravo54410 | 2010-03-13 11:15 | 大学院
社会人大学入学目的
社会人大学院入学目的
 日経キャリアマガジン08年8月号でのアンケート調査では全国138人の社会人大学院生を対象に調査(2008年5月)した結果が下記の図である。この調査ではスキルアップ→学位取得→人脈作りがベスト3を占めている。そして人脈が役立ったことがあると答えたのは65%である。

 意外なのは、転職や年収アップが低い位置にあることである。もちろん社会人大学院といってもアカデミックスクールからプロフェッショナルスクールまで多数あるので単純な比較はできないが専門職大学院やMBAコースを考慮すればこの2点は高い位置に来るのが海外では普通であろう。やはり日本での専門化教育ではまだ収入に反映しないのか?転職するチャンスになりえないのか?
 
c0217604_1153174.jpg
  

社会人大学院生が学習しやすい環境
一つ目は、地理的な点である。仕事の帰りにという点を考えればやはり都市部である。東京で言えば東京23区に設置したほうが人数的には有利であろう。そのために本部が埼玉にある大学も東京都内にサテライト教室を置くケースがある埼玉大学、名古屋商科大学などはその例である。
2つ目は時間帯である。通常は平日夕方および土曜日が当てられる。

日本は遅れている
下記の図でわかるように25歳以上の入学者の割合がOECD加盟国平均で20%以上であり、日本はわずか3%以下である。この数字は大学だけを対象にしたものではないが、日本の社会人は同じアジアの韓国と比較すればその半分もない。韓国の優秀な若者は米国を中心に欧州にと留学をし、韓国大企業の幹部は英語で自分の意見を堂々と述べ、経営管理も勉強し、PhD(博士号)取得者も多い。日本では体験主義や終身雇用の中で同じ会社に住み着いた役員が多いのではないか?部下に勉強や研修をさせ自分たちはあまり勉強しないと聞く。特に追い立られなければ進んで研修や勉強などしたくないであろう。
c0217604_11532583.jpg


にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村
↑よければクリック願います
[PR]
by bravo54410 | 2009-10-30 11:57 | 大学院
高卒の桑田はなぜ大学院に入学できるの?
高卒の桑田はなぜ大学院に入学できるの?

大学院が社会人を受け入れやすくした例として、女優の秋吉久美子や野球の桑田真澄がある。彼等はそれぞれ早稲田大学大学院公共経営政策、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科トップスポーツマネジメントコースに入学した。ご存知の通り、彼等は大学卒ではなく高等学校卒業である。通常、常識から言えば大学卒の学位である学士を取得していないと大学院を受験できないのが我々通常の認識である。

 この点につき、学校教育法施行規則第百五十五条の8号に下記の記載がある。<大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、二十二歳(医学を履修する博士課程、歯学を履修する博士課程、薬学を履修する博士課程又は獣医学を履修する博士課程への入学については、二十四歳)に達したもの >とある。つまり、早稲田大学は彼らに大学卒と同等の学力があると認める学士に相当する論文を書かせ、それが通過すれば大学卒とみなすわけである。秋吉久美子の時も、論文を書かせている。桑田氏のケースはスポーツ研究科で、その出願資格は下記のようになっている。個別の入学審査によりととある。


c0217604_22152040.gif




したがって受験資格はあるという事になる。という事情である。学問の質の保証について、いろいろ議論があるようある。早稲田サイドは彼らを特別に配慮したかは不明だが彼らを入学させる事で新たな話題や入学者を誘引させる刺激になる事は否定できないであろう。これも大学の生存競争の一つの戦略であろう。いずれにしても大学は変化してきているし、文科省の大学院強化政策もあってか大学院は社会人にとって入学しやすい環境になっている。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村
↑よければクリックください
[PR]
by bravo54410 | 2009-10-17 22:16 | 大学院
学生獲得のスタイルの変化
【学生獲得のスタイルの変化】

学生がいなければ学校は成り立たない。どこの国でも学生獲得には必死である。世界の有名一流大学でも安閑として入られない。海外にセンターを作ったり、セミナーを開いたり、他の大学と共同で授業を行い単位互換を認めたり、さまざまな戦略を考えている。

以前 米国のある州立大学院から日本で設立したいが協力してくれないかという打診があった。その条件の一つは教員は全員PhD保持者。当然に授業での語学は米語・英語ですね?と確認したところ「いや日本語でも良い」と言う返事。欧米の大学が中国になだれ込んでいるが中国語で授業をしているところもある。どこかの大学関係者のブログに米国の大学では英語でないと卒業できないなどと書かれていたが現実を知らない。専門分野によっては外国語で修めなければならないコースは山ほどある。でなければ日本の大学を卒業するには日本語の授業でないとだめと言われるのなら英語で授業をしている日本の大学の学生はどうなるのでしょうか?と言うことである。

もはや世界は怒涛のごとく力のある大学や教育機関は世界に向けて発信し学生を獲得している。昔のように自校のキャンパスに受け入れるような生易しいことだけでは生存競争には勝てない。ましてやOECDが2010年に大学評価を行うとのこと。当然一元化される傾向が起こってくる。それはTIMESの評価を見ても日本の国立大学は東大に水をあけられているので何とかランキングを上げようとプロジェクトチームを編成している国立大学があると聞く。

下記の図は学生獲得のいくつかのスタイルである。

c0217604_20265077.jpg




1)トゥイニング(国の異なる2大学が共同でプログラム提供)
2)アーティキュレーション(他国の大学のプログラムの一部を認める)
3)ブランチキャンパス(他国に現地校設立:日本ではテンプル大学)
4)フランチャイズ
さらにはヴァリデーションと言うスタイル。このやり方は英国の大学で見られるがもっとも成功している大学が世界に100のセンターを持ち財政的には自立性が高い。

と言う具合で英国などは教育を輸出産業と捉えている。そのうち中国やシンガポールなども世界に打って出ることでしょう。日本はさて?


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村
↑よければクリック願います
[PR]
by bravo54410 | 2009-09-30 20:24 | 大学院
  

大学院・教育・ビジネス・MBA
by bravo54410
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
国際的なMBAを約1年で取得..
at 2016-07-13 21:05
MBAからDBAへ
at 2015-06-24 04:32
医師がMBAを取得するメリット
at 2014-12-20 20:28
授業料120万円で英国MBA
at 2014-12-18 13:04
MBAの国際的認証機関
at 2014-12-07 12:48
MBA特集 英国バッキンガ..
at 2014-12-04 23:39
乱造学位 MBA
at 2014-10-12 23:02
英国バッキンガムシャーニュー..
at 2014-10-12 06:38
解り易いMBA説明会
at 2014-08-05 18:03
MBA top up 日本語..
at 2014-07-19 19:56
英国大学
at 2014-06-25 10:17
日本語で学べる英国MBAが香..
at 2014-05-22 08:29
国境を超える高等教育(クロス..
at 2011-03-04 15:45
MBAのアジアパシフィック給..
at 2010-12-09 11:32
英語社内公用化
at 2010-09-15 10:32
英語ネイティブは必要か?
at 2010-09-14 16:33
タイのMBAスクールAACS..
at 2010-04-17 19:31
英語か?英会話か?
at 2010-04-10 22:00
東大大学院は入学しやすいか?
at 2010-03-19 14:55
法科大学院の行方
at 2010-03-13 11:15
ファン
ブログジャンル
キャリア・資格
教育・学校
画像一覧